ラディカル・ホスピタル(著・ひらのあゆ)を見ていると、こんな職場っていいな~って思うのですが、この漫画の職場のいいところって「人間関係のよさ」に収束している感じがしますよね。

仲間同士助け合う、協力しあう、他愛もない話で心が和む…
とてもいい職場です。いい職場にはいい患者さんも集まってくる(患者さんの悩みを一緒に悩んじゃったりして)

どんな場所でも場面でも、”理解者”って必要です。
理解者が一人もいない場所で働き続けるのはもちろん、生き続けるのも不可能に近いですよね?

でも、周囲に理解者がいない…という人も、悲しい話ですが確かにいます。
そんな時は諦めなくても、現役看護師カナコの相談室など、同じ立場にいるひとに相談するのが一番!

同じ気持ちの人を、周囲から探すのって実は難しいことなのです。
今はネットの世の中ですから、「ネットなんて…」というネガティブな周囲の意見に振り回されずに、例えば同じ看護師さんの日常ブログに足を運んでみるなど、してみてはいかがでしょうか?

未分類

看護師さんや薬剤師さんのための転職サイト最近、活発になってきていますね。
とてもいいことだと思います、普通の求人だとなかなかいいところないですし、人の口添えっていうのも、コネありきみたいで嫌ですよね。

病院側だって、知り合いの紹介ってばかりで人を取っていたら、使えない人が来たとしても辞めさせづらいですし、そもそもこっちの条件に合う人材が欲しいですもんね。
転職サイトって、どちらの利用者にもメリットがあってデメリットは少ないっていう、なんだか夢のようなシステムです。でも本当にデメリットは少ないのよ~。

そんな看護師のためのサイトだけど、たくさんあって迷っちゃうし、ランキングサイトなんかだと、プッシュしたい転職サイトが上位に来てるから、どれを信用していいかわからないですよね~;

わかりやすい目安は「求人数」なんですけど、中でも「非公開求人」が多いと良いと言われていますね。
お祝い金が貰えるところとか、コンサルタントの質(これは裏の口コミかな)とか、満足度とか転職成功率っていうのはちょっとアテになりませんけど(笑)

求人数とかもあるけど、実際に転職サイトを利用して失敗するのってデメリットってコンサルタントとの相性が悪い時くらいのもんです
希望してない職をずっとプッシュされたら、いつまでも良い転職できないし、時間のムダだし疲れるし…
そういうノルマを転職サイトがコンサルタントに課してる場合もあるので、そういった素振りのあるとこはポイッて捨てて考えるのが吉ですね☆

未分類

人間関係、給料、もひとつおまけに人間関係…
仕事での悩みやストレスは尽きません。「ここ以外行き場所がないんだ」なんて思い始めたら、鬱の道まっしぐら!!

周囲に何を言われても、自分が過ごしやすい環境を求めることのなにが悪いことなのですか?
正社員になれなくてもバイトすればいい、ニートやホームレス以外なら、どんな形だってやっていけます。
文句言うのは今の寒い時代を知らない年代の連中だけですから、ちゃんと働いて生きていることがどれだけ素晴らしいことなのか、わかっていません。
逆にいえば、仕事をしていなくても、探そうとしないことしないことはいけないことです。諦めないで求職を続けてください。

転職するとき、人間関係で悩んだ場合は特に「次の職場も嫌なところだったらどうしよう」と思ってしまうものですよね。
転職サイトを利用すると、職場の人間関係についても調べてくれる場合があります。
入れ替わりが激しい場合も、人間関係が悪い場合がありますし、横暴な人間、もしくは一人をターゲットにして他のみんながモチベを上げるといった粗悪な職場の可能性もあります。

何事も、まずは相談してみてください。
ハローワークはそういった調査は基本的に出来ないので仕方ないのですが、色々な見える情報からアドバイスをくれることがあります。
年輩の、経験のありそうな人に相談してみるといいでしょう。

未分類

駅前のパスタ屋さんに寄った時、まだ20代くらいの若い男女がテーブルに座って、何か真剣な話をしているのを見かけた。
席が近くだったので、聞くとはなしに聞いていると、カップルだと思ったその二人はただの同僚だったようだった。

「一生懸命やっても…仕事を押し付けられたり増やされたりで、じゃあ適当にやればいいの?一生懸命やらなければいいの?そんな矛盾した、腐った、馬鹿みたいな話がある?」
女性の方が心底ぐったりした声で言っています。
「本当になぁ…正当な評価と、仕事してくれるやつを大事にするってのがないんだよな、そいつらはおれたちがいつまでもそばにいてくれる犬みたいなやつだと思ってるんだ、心なんかない、モチベだって関係ない、勝手に頑張ってくれる心臓みたいなやつだってね。」
男性のほうも相当憔悴しきっているようでした。

「でも間違ってるのよね、私達にも心があってね、嫌なことをすれば嫌われるのよ。心臓のように思ってたとしたら、労らないで酷使してたらどうなると思う?いきなり心筋梗塞になる。心臓の発作なんていつもいきなりでしょ。一番大切なものほど、ないがしろにした代償はでかい。」
「そうだなぁ、いまおれたちが辞めたらきっとこう言うんだ、お前には人の心がないのか、この忙しいのにって。でも最初に人の心を無視したやつはあなただから、仕方ありませんねってやつだ。」

二人は同時にため息をついた。
私もまた、ため息をついた。

「転職おめでとう」
「転職サイトっていいね、今度の会社は人間関係が良いところにしてもらったよ」
「今度は一生懸命仕事をする人を大切にするところであって、自分もそうでありますように」

今日の食事はいつもよりも美味しかった。
転職サイトは、心臓を大切にするためにあるのだ。

未分類

薬剤師の資格を持っている方も多いと思います。

薬剤師の転職先としては、病院や調剤薬局はもちろん、最近ではごく一般的になって街でよく見かけるドラッグストア、また一般企業や大学などもあります。

なかでも、薬局は、薬剤師の転職先としては非常に一般的であり、今も昔も大変人気の高い転職先です。

さて、どのようにすれば、薬局への転職を成功させることができるでしょうか?ハローワークや人の紹介などで転職をするケースも多いと思いますが、最近人気があるのは、薬剤師専門の転職支援サービスです(「薬剤師お仕事ナビ」を参照)。

使い方は簡単です。

まずは、各社のサービスに登録をします。自分の個人情報や、転職の希望条件などを登録することになります。

登録しなくても、求人の検索をすることはできますが、登録しないと詳細がわからない非公開求人も多くあるため、一度登録しておくことをお勧めします。

そうすると、あなたの希望に合った求人が紹介されますので、その中から選ぶことができます。

気に入った求人があれば、応募して、採用されれば、転職成功となります。

そのすべてのプロセスに、専門のコンサルタントが付いてくれますので、安心してサポートしてもらうことができます。

ですから、転職が初めてであっても、また、いろいろな条件を希望していても、そのサポートを得ながら、希望の転職を実現できます。

各社のサービスにより、さまざまな特色がありますので、それをよく見比べて、どこに登録するかを決めるとよいと思います。

未分類

看護師は女性の多い職場なので、ナースになってから、出産を経験するという人も沢山いると思います。

しかし、出産を経験すると、子育てがあるので、夜勤などが難しくなってくることがあると思います。

時間的に厳しいのはもちろんですが、体力的にも厳しくなってくる為に、できれば、日勤のみで働きたいなんて思う人もいるのではないでしょうか。

また、反対に日中は自分で子育てをして、夕方以降に家族が帰ってきてから、子供を預けて仕事に出たいので、夜勤専従で働きたいなんて言う人もいるようです。

ナースのお仕事というのは、基本的に交代制になっていることが多く、夜勤をしなければいけない職場が沢山あります。
近年では、夜勤をしなくても良いという職場もありますし、夜勤専従で働ける職場も出てきています。

特に、大きな病院などで夜勤専従で働くことができれば収入もアップしますし、需要が高いのでとても待遇が良いと思います。

また、お子様がある程度大きくなってくると、お子様を預けて働く事も視野に入ってくると思いますが、託児所のある職場などを紹介してもらいたい、と思っている人は看護師の転職サイトを使い、コンサルタントから紹介してもらうと良いと思います。

職場のすぐ近くに、託児所があるような職場もありますし、院内に託児所を設けているような病院を、紹介してもらう事も可能だと思います。

託児所に必要な費用に関しても、職場である程度負担してもらえるような、条件の良い職場を教えてもらうことが可能なので、出産後の働き方を考えてみると、転職を考えていくことも大切なのかもしれませんね。

未分類

看護師と一言で言っても認定看護師や専門看護師、それから看護師という経験を経て助産師や保健師になる、と言う人もいると思います。

どちらにしても、看護師という資格を一生活躍させながら、働いていきたいと思っているのであれば、生涯の仕事にする為の心得を知っておく必要があると思います。

看護師は、資格を取得したあとの更新制度などは決めらていないので、いつまででも看護師として働いていくことが可能です。

しかし、近年の医療の現場というのは毎日のように進化していますし、次から次に先進医療が導入されています。 特に、大きな病院などの場合には、先進医療を優先的に導入している為に、看護師も生涯学習を行っていかなければなりません。

必ずしも、生涯学習を行うことが義務づけられているわけではありませんが、自主的に生涯学習を行っていかないと仕事についていけなくなってしまいます。

病院によっては、しっかりとした研修などを行ってくれている場合もありますが、全ての病院で研修を行っているわけではないので、 看護師を生涯の仕事にしていきたいと思っているのであれば、 まずは研修制度が整っている病院に勤務する、ということが大切ではないでしょうか。

また、病院以外では公共の医療機関などの場合、研修に対して前向きな姿勢を見せてくれるので、研修の為に勤務時間を減少させてくれたりもしますし、 お休みをくれるような場合もあると思います。

本当に生涯の仕事にしていく為には、しっかりと自分自身が成長しなければなりませんし、そのための職場選びをしていく必要もあります。近年では、看護師の転職サイトを利用することで、転職も比較的し易くなっていますから、以前に比べると離職率も少なくなっているようです。

未分類